カテゴリ:もしかしてBlue?( 11 )

理想と現実の狭間で。

幸せなんですよ。
それを壊す気などさらさらないですが。

私は本当にこれでいいのか??
私は何がしたいんだ??
私はどうしたらいいの??

そんな思いがつのります。

このまま、そんな気持ちがつづいたら、
きっと夫婦の関係も悪くなるような気がする。

はやく解決しなきゃ。
はやく答えださなきゃ。
はやく はやく はやく……

あせってばかりで ちっとも前にすすめやしない。
[PR]
by machi_p | 2005-09-10 10:45 | もしかしてBlue?

ちょっとブルーかしら???

もう頭爆発!!!!
通勤しながらこんな事を考えているお嫁様に拍手したくなります。

私なんて家で仕事してるにも関わらず、
もう「キッーーーーっ」って感じなのに〜(泣)

そんなこんなで気分的に落ち込み気味。ちょっと彼にも当たり気味。

そんな私に気を使ってか、昨日珍しく彼が「ちょっと外にいこっか〜」と連れ出してくれました。夜遅かったし、歩いてコンビニかな〜って思いきや、車で遠いコンビにまでドライブ(笑)。とりあえずたこ焼きと飲み物買って国道を走る私たち。たこ焼きが旨かった〜。
何処行くのかな〜と思いつつ「全力少年」やなんかを機嫌良く歌っていました。

ついた先は 生駒山。山頂をちょっと過ぎた公園。
ここは思い出の公園(笑)。
別になに話す訳でもなく、ぼーっと二人で光をみていました。天気は悪くなかったと思うけど、夏のせいかな。もやがかかって、うつろな感じ。空と地上が完全に一体化してました。不自然なオレンジ色の光がこうまで人の心を癒すのは本当に不思議ですね。

夜景にはいろんな思い出があります。楽しい思いで、悲しい思い出。
彼に会うまでの過去の事なんかも思い出しながら、これからの事も考えてみたり。
今となりにいるのがこの人でよかった。なんてことも思いながら。(笑)

式の事でおわれていた頭が、ちょっとクールダウンして、落ち着きました。
彼に感謝(笑)


でも決めなきゃならない事はまだまだたくさん!!

少しでも楽しく過ごせる式にしたいと思います!
[PR]
by machi_p | 2005-06-21 10:49 | もしかしてBlue?

結婚式の準備。

楽しいばかりではないですね。正直言うと私的には苦に思う事の方が多いかな。
これって多分、「男と女の性質」みたいなところもあると思う。でもストレスは溜まりますね。もっとうまく相手をコントロールできたらなあ…って思う事がよくあります。

一番疲れるのが、「何度言っても通じない、やってくれない。」
難しいこと言ってんじゃないんですよ。
「〜までに招待客リストアップしてね」
「親戚の住所、名前の漢字を確認してね」
「あなた側の友達にもスピーチや余興をお願いしてね」
これはすべて私サイドでは何も出来ない事。
だから頼んでいるし、いつまでにやってねって事も伝えるのに、やらない。
同じ事、何十回言わせたら気が済むのってなるわけですよ。

もうそれがかさなってイライライライラ…。結婚式の話もしたくない。でもしなくちゃいけない。ってなぐあいにブルー入っちゃってます。

彼は私に対して「常識にこだわり過ぎ」という観念があるようで、私が言ってもどこかちゃんと受け止めていない感じが読み取れて。そこで私も嫌になるんだよね。

常識については前にも書いたんだけど、なんでその「常識」というボーダーラインがあるのかを考えた時、私は、『たくさんの人がいてその人の数だけ感じ方がある。だとしたら同じ対応に対する感じ方も千差万別なわけで。だからこそ、一定のルールを作って、社会の足並みを揃えているのだ』と思う訳。

30手前になって「知りませんでした」じゃすまないこともたくさんある。
日本の社会に置いてその「常識」という最低限のルールがあるなら公の場では従うべきと思うんだ。結婚式(これは公の場ではないか…)のようにたくさんの人、多方面の方々が集まるところにおいてはなおさらに。
人に気を使い過ぎたって、「使いすぎる」ってことはまずないんだし、
社会人としてのマナーは最低限守るべきとも思う。

2人だけとか、友達同士なら、「今決めて今から始める」ことだって可能かもしれない。でも人によっては、「今決めても今から始めるなんて信じられない!ちゃんと下見しないと!!」って思う人もいる訳だ。

だからこそ私は行事ごとに関わる「常識」は大切にしてほしいと思うのに。

未だに彼にそれを伝えきれていないようでもどかしく思っては悶々としています。

私、考え過ぎなのかな。
[PR]
by machi_p | 2005-05-25 15:30 | もしかしてBlue?

ケンカ?喧嘩。

もうね〜…駄目なのよ。
私、なかなか爆発できないタイプなんですよ。
イライラしても「ちょっとそれ、違うんじゃない?」って思っても、対外相手に言わず一人で悶々としてしまう。これって相手のためにもあまり良くないのは解ってんだけどね。言わないもんだからもちろん、溜まってくるわけですよ。
そこでドカーーーーーンと爆発しちゃえば相手もそう、重く感じないとは思います。
でもね、
でもね、
私の場合、

顔も見たくなくなるんですよ…(←多分一番ヤバいキレ方かも……)

これはもう、やばい。

相手はなんで怒ってんのか解らないだろうし、でもめちゃめちゃ空気悪いし、重くて重くてしょうがないでしょうね本当。

喧嘩の発端なんてしょうもない事なんですよ。
結婚式の事が後回しすぎってこと。
彼が珍しく早く帰ってきたのでスピーチお願いする人の事とか話そうとしたんだけど、
「明日休みだから朝話しよう。」と言われたので、仕事疲れて帰ってきてるししょうがないよな〜って思いながら了承。
寝る前にも「明日の朝は結婚式の話するでしょ〜、お昼からちょっと仕事いって片してこようかな〜夜はデートしよ〜」とか自分で言っておきながら……
朝起きたら予定の「結婚式の話」はなくお昼前に仕事へ。
私自身仕事もあったし、まあやつも仕事たくさん抱えて大変なんだよね。って自分をなだめてはいたんだけど……

私、ほっとんどムカついたり怒ったりする事はないんだけど、
出来ない約束されるのが一番嫌いで、
それがいつも「キレる」スイッチになるみたい。
今までのもプラスされてしまって、
もう、
「顔も見たくない」状態に……

なんで怒ってんのかはちゃんと説明しましたが、その説明も1000分の1くらいしか言えなかった…(←気が高ぶって押さえるのに必死(汗))

やつは私に気を使って出来ない約束をたまにするんだよね。(多分)
…調子こいて言ってんのかもしれないし、でまかせなのかも知れないけど。

私のこの「キレ」方もちょっと直さないといけないなあと今回は反省しました。

いまはもう仲直りしましたよ。

…たぶんね。
[PR]
by machi_p | 2005-05-09 12:03 | もしかしてBlue?

ちょっと…いや、たくさんグチ。

昨日彼は新入社員の歓迎会で、飲んで帰ってきました。
仕事中の私に一生懸命「もう寝よ〜」と絡んできなさる。

(寝られるなら、今すぐここで目を閉じて安らかな眠りにつきたい…)と本気で思いながらも、「まだおしごとあるでだめ〜」と適当にあわせておいた。

ら、

私の後ろでスーツポイっ
靴下ポイっ
ワイシャツポイっ
そのままリビングへ………

かーたーづーけーて!!!自分で!!!!!
と心で叫びながら、ここはぐっと耐えて
「なおちゃ〜ん。自分で脱いだのは自分でおかたづけして〜」と若干赤ちゃん言葉気味にいってみる。
「はああ〜〜い♪」
服をまとめたと思ったら「なおちゃんの奥さんになる人〜〜はい♪」と私にお渡しなさる…。満面の笑みで…

はあ〜…脱力……。

酔っぱらってる人は陽気でいい。
なんでも楽しそうだ。

実際こんなやりとりはとってもラブラブで幸せな瞬間であるでしょう。

今の私に余裕などございません。

仕事から家に帰れば散らかった部屋をある程度片付け
彼の仕事である食器洗いをやり、彼の食事の下準備をし、また仕事へ向かう。
自分の食事は机でパンと珈琲くらい。(でもやせないのがくやしい!)
彼が帰れば御飯の用意をして…
結婚式の事も進めていかなければならないし、段取りしてアポとって…。
こんな事やってるうちに、浮気でもされたらどうしよう。でもまともに相手してられない…とちょっと不安になりながら………

疲れます……。

でももう少し!もう少しだから頑張らねば!!!
[PR]
by machi_p | 2005-04-22 16:43 | もしかしてBlue?

一般常識?マナーと礼儀と。

彼と私の中で、どうも「進行の進み具合消化率」の感じ方にかなり誤差があるようで。
今のところ私の中の消化率は30%。彼の消化率は70%って言ったところでしょうか。

土曜日、衣装あわせに行ったとき
ちょっとその進行状況の事で熱くなってしまいました。

「もうたいていの事は決まったね」という彼に対し私は「え??まだまだだよ!?
やること沢山あるよ!」って感じで。彼としては衣装が決まったから後は式場と打ち合わせしておわり みたいに思っているようで。細かいことをとばしてしまっているようです。

招待状出す前にリストアップして、スピーチや余興を頼む人には先に一声かけといて、招待状と一緒に「お願いします」という附箋をつけなくてはいけなかったり……
って説明したりしてつい、「社会人としての常識だから…」って言ってしまって。
そしたら「またそんなん。本とかでみたん??常識にこだわりすぎやねん」という言葉が。

悲しくなりました。「常識」という言葉を出してしまった私が悪いんだけど、私的には「最低限のマナーとして」と言いたかったんだ。

30近くになって、知らない解らないじゃすまされない「礼儀」や「マナー」は沢山あって。私は職業的にも、ルーズな所に居るので世間で取り交わされている「社会人としてのマナー」が欠けてるんです。(だから未だに道で偶然合った取引先の人とか、彼の会社の人とかうまく挨拶ができなくていつも反省してしまう…まあ いいわけだけど…)仲間内ならそれでとおるかも知れません。
でも結婚式なんていう沢山の人が集まる中で、彼の上司ももちろんいるわけで。
家庭を持つことに対しての「社会的」な見方もいろいろあるわけで。

「自分たちの常識範囲」だけで事を進めることは私にとっては相手の失礼に当たると思ってて。

私にマナーや礼儀が備わってないからこだわってるのかも知れないけど…。
「常識」だからやる んじゃなくて、
相手をもてなす意味で「マナー」や「礼儀」はわきまえるべきだと思うんだけど、

どう伝えればいいものなのか困ってます…。
[PR]
by machi_p | 2005-03-08 12:58 | もしかしてBlue?

歌っとく?

b0060984_1701053.jpg

カラオケでも行って叫びたいものです…
[PR]
by machi_p | 2005-03-02 17:02 | もしかしてBlue?

気が滅入り気味かも…。

二人で住んでいてやっぱりしんどい事も沢山あって。
一人暮らしになれちゃってるせいなのかな。

一人より二人の方が断然楽しいんだけどね♪

「あ、あれしなくちゃいけない」
「あ、これしてないや」
「あ、掃除しなきゃ」 「あ、晩ご飯何にしよう…」
「あ、またゴミ出し忘れた……」

一人なら、「ま、いっか〜〜今度今度!!」
ご飯だって漬け物と白飯で全然OK!
なんだけど、やっぱり「他の人」といる以上、ある程度はちゃんとしなきゃなあって思ってて。

家事は分担!って思っても、彼の帰宅はいつも10時とか11時とか。
流石にその時間帯から家事をやってもらうのは気が引けるし、本人はやりたくても体がついていかないみたい。
私は朝が早いから少なくとも10時半にはベッドに入っていたいけど、疲れて帰ってくる彼にレンチンのご飯は食べてもらいたくなくて。

やりたい気持ちと、やりたくない気持ちとの間でグダグダしちゃってます。
そこにきて私の勤めている会社の危機。
結婚式までの事を考えると退職って訳にもいかないし。

ああ!!もうどうにでもなってしまえええええ〜って感じ…。

リフレッシュが必要!癒しが必要!!

温泉だ!!!!(来月友達と温泉に行きます!!その時まで辛抱だ!)

はうううう〜
がんばります……。
[PR]
by machi_p | 2005-02-18 09:51 | もしかしてBlue?

デート??

昨日は久しぶりの休日。なおちゃんも1日フリー。ってことで。私は前日からデートは「嵐山」にいくのだ!!って決めていました。いま紅葉がきれいだしね。
電車で行くつもりが、車で出かけてしまって…はい。最悪です。
渋滞過ぎて辿り着けません。着いたとしても駐車場は明らかに「満車」でしょう。
嵐山はあきらめて、清水に変更。やっぱり大渋滞です…。
休日の京都に車で出かけるのがだめですね はい。「まち〜ごめん。なおちゃんが車でも大丈夫って言ったから〜」って言ってましたが。そのはなしに乗っかったのは私だし。仕方ないですな。

「もういいや〜かえろっか。」っていった私のその一言に対し「おっちゃんもそんなんなん??(笑)」←うちのお父さんは超短気でちょっとでも混むとすぐ引き返してしまうの。そのことを知っているのね。な〜んか。その言葉に妙にむかついて。

なおちゃんは日曜日フットサルにいって、あんま2人で遠出できないのね。
だからって、打ち込んでいる事だから、私から日曜日、どこそこ行こうって提案できへんのだよね。これは私の性格が災いしてるねんけど。
だってさ。そうやってサル休んでくれたとしても、「サルの試合でたかったかな」とか「サルが気になってるかな」って思っちゃって、私自身、楽しめんのだよねえ。

かといってさ〜サルの朝、「今日行くのやめよっかな〜まちといたいし〜」とかいうもんだから、「じゃあ、一緒にいよっか」って言うんだけど、うだうだしてるし。
結局「行っていいよ」ってなちゃうし。これってきっと、無意識に承諾してほしいからそういうためらってるふり するのかな。

どっちにしろ、平日の祝日は「デート」できるチャンスなのに。ねえ
渋滞で会話も尽きちゃって 天気いいのにっもったいないし…

ああ。ぐちってもしょうがないね〜〜

今度は電車でいこっと。
[PR]
by machi_p | 2004-11-24 08:58 | もしかしてBlue?

癒し、癒され。

20の土曜日はなおちゃん(相方)が慰安旅行でいなかったので、久しぶりに実家にお泊まりしてきました。大量の洗濯物をもって。
(私の家は軽骨の集合住宅なので早朝、夜間は洗濯ひかえないといけないのだ…。)

いいですね。実家。
何も言わなくても、ご飯が出てくる。お風呂も沸かしてくれる。
洗濯もあんな沢山もってかえってきたのに、ボーッとしてるうちにお母さんがやってくれてるんだよねえ…。

おまけにお布団まで敷いてくれてるのだ。

ああ 幸せ。

学生の頃はその優しさや気配りが煩わしく思ったりして。いま思うとなんて罰当たりやったんだろうね。ほんとお母さん、ありがとう。うちのお母さんだけでなく、世の中のお母さん、あなた達はほんとにスゴイよ!!!

充分癒されました…。
でも
でもね。

不思議なんだよね。家族なんだけど、私はもう、「お客さん」なんだよね。
家を離れて7年近く。家族の絆は変わらないけど、
私には私の生活があって、両親には両親の生活があって。

癒されてると思っても、なんか、「ああ、こんな事させちゃって申し訳ないなあ」って恐縮してしまうの。複雑でした。
こうして、自分の居場所が歳月と共に変わっていく事の切なさというか…
帰るべき場所はここじゃないんだなあって、変に実感したり。

上手く言えないけど。

明日はなおちゃんが帰ってくる。晩ご飯、どうしようかな

なんて思っていた土曜日の夜でした。
[PR]
by machi_p | 2004-11-22 10:15 | もしかしてBlue?