カテゴリ:*引き出物♪( 3 )

(勝手に)引き出物アンケートの結果。

やはり「カタログ」がいいんじゃないの〜ってのが、周囲の意見。
当たり障りなく無難に…ね。
まあ、何だしたってチクチク言う方はいらっしゃるのだ…。
私的に「カタログ」には抵抗があったのね。
やっぱ、値段がバレバレやし、定番すぎて代わり映えしないし……
そして、なにより、ほしいと思える商品がない!!!
カタログって、実際に載ってる商品より、システム料の方が高い気がするのはわたしだけでしょうか…。
一番安いコースが基準になってるから、ランクをあげても、一番安いコースの商品が沢山混じってたりするんだよね。なんかそんなの見てると、どうも、「商売」だなあ…って思っちゃって。せっかく高いコースにしても安いのを選びなさったら、…なんか、悔しい!(この辺はちょっと意地汚いかな私…)

でも、カタログもいろいろ調べてみると、多岐にわたって様々な種類がでてて。
(…っていっても載ってる物はみんな似たものばかりだけど…)見せ方の違いでバリエーションが沢山あるみたいで、結構楽しい。

私がいままで見てきたカタログの引き出物となんだかちょっと違った印象。
たまたま、最近のカタログを拝見する機会がなかったのね。

なので、とりあえずもらえる無料資料をかき集めて、
見てて楽しくて、「あ、これいいんじゃない?」って思えるだろう物が掲載されていて、なおかつ、選択肢が多いもの!!を念頭に毎日カタログのサンプルとにらめっこしてます。

実際、引き出物をカタログにするかどうかは…
まだ決定してないけどね(笑)
[PR]
by machi_p | 2005-03-15 11:47 | *引き出物♪

カツオブシ

みなさん結婚式の引き出物に「鰹節」をつけますか??
そもそもなんで「鰹節」なんでしょうか…
オバカな私は本当に無知ですね(;つД`)
ちゅうーことで。ちょっと調べてみました。
縁起物『鰹節の由来』
『北条五代記』によりますと、天文六年(1537年)の夏、相模の国の領主北条氏綱公が鰹釣りの勇壮な風景を楽しもうと小船を漕ぎ出し見物している折、一尾の鰹がその船中に飛び込み、これを見て「鰹(勝男)が手に入った」と大いに喜ばれ、直ちに酒肴にしたところその後の戦に大勝したので、それ以来出陣にあたって「鰹節(勝男武士)」を引き出物とするようになったと記されているそうです。 以降、各地においても、門出に縁起のよいものとして、用いられてきました。
 また、鰹節の雄節(背節)と雌節(腹節)を合わせると夫婦一対となり、その形が亀の甲羅に似ている事から、縁起のよいものとして、結納や結婚式に用いられてきました。
これらの縁起のよいエピソードから、お歳暮・お中元だけでなく、就任・昇進をはじめ新築改築のお祝いに、また、鰹節そのものが自然食品であることも含め、出産・長寿のお祝い等にもお使い頂けます。
『薩摩の国の味問屋』さんより抜粋。

日本人は本当にゲンかつぎがすきですねえヽ(´ー`)丿
結婚て、別々で育ってきた2人が、これから一緒に2人の家庭を築く。
これからはいろんな事に「守られる」立場から「守る」立場になる。
…そう考えると結婚って、いわば、ちょっとした「心の戦い」かもしれないですね。

だとしたら、なんか、「この戦いに勝利し、幸せな一生を過ごします。」って誓いの意味でも「引き出物として持って帰ってもらおうかな〜」なんて、おもったり。(しませんか??)

んん〜…カツオブシ、どうするかなあ……
[PR]
by machi_p | 2004-12-08 17:27 | *引き出物♪

味が違うんだな!

つい最近、友達が京都のお土産にくれてん。
すっごいおいしいねん。これ!!
b0060984_18255059.jpg

京都 緑寿庵清水 の金平糖♪
彼もお気に入りなもんで、引き菓子にしようかなあって考え中。
とりあえず、リストにのっけとこ。
[PR]
by machi_p | 2004-11-10 18:33 | *引き出物♪