カテゴリ:とうとう本番!( 1 )

7月17日 結婚式の日。

この日まで本当に早かった!
一年なんてあっという間ですね。
7月17日、お天気は晴れ。
前日まで続いたお仕事のおかげで、体重は55kg。危険な時は59kgくらいまで行っちゃってたので、私としては万々歳か(笑)でもお肉はたっぷりだけどね(笑)

前日の16日は、午後から式場に「持ち込み」をしに行って、背中のシェービングやトリートメントを。夕方からネイルサロンに行って、ツメをきれいに。
夜は実家に帰って、家族と食事して普段と変わらず。夜中に両親への手紙を書きました。違ったのは私が「家」に帰らず「実家」に泊まったことくらい。

17日の朝は意外に普通でした。家族そろって式場へいく準備を。
弟が、ポケットチーフをワイシャツのポケットに入れて、「おねえ、このハンカチ、ここでえーんか??」とすっとぼけたことをぬかすのでみんな爆笑。家族って、やっぱいいもんだな〜って思いました。

式場に着いたら美容室へ。
ここで「本日の新郎様」と合流しました。新郎のセットはやってくれないので、来る前に行きつけの美容院へ行ってもらったんだけど、あたまと顔がきれいに整えられているのが笑えた(笑)。
私はというと、凄いスピードで「本日の新婦様」が創られていきました(笑)
美容の不満はセット力のなさ。すぐ崩れちゃって、あまりきれいじゃなかった(泣)
まつげもつけまつげじゃないといけなかったんだけど、とれてくるんだよね(泣)
はたして私、周りからどんな風に見られていたのでしょうか…

ドレス用の下着が、体重ピークで合わせてあったので、心なしか緩い。4kgの差って結構あるんだね〜 補正の意味なし??ドレスからはみ出るお肉は減っていたような気がする(笑)それでもパンパンだけどさ(笑)

17日の朝までガーデンで挙式かチャペルで挙式かとことん悩みました。
で、結局チャペルですることに。理由ですか? やっぱり厳粛なムードもよろしいかと。(笑)というか、リハやってる姿、友達とかに見られたくなかったんだよね。
5階に受付や控え室があって、チャペルは4階。話によると4階でリハするから、来賓と会うことはないと聞いていたのだけど、どういう訳か、リハは5階の控え室の前。
かなり困惑しました。17日は大安で、10組挙式だから、場所がないのはわかるけど…リハしてる横を友達が通って行くのはやっぱ「なんだかな〜」って思ったよ〜(泣)
かなりショック。

挙式には親戚の女の子二人にリングガールをしてもらいました。
かわいかった♪

父とバージンロードを歩いたんだけど、ガチガチになってて、ウエディングステップになってなかった(笑)私はというと別段緊張もすることなく、「うわ〜すごーい」なんて、自分自身なのに、どこか冷静に眺めてました。
さすがに神父の言葉に涙しそうになったけど(笑)

いろいろと場所から場所へ移動するとき、私は若干ブルーになってしまった。
そのブルーの訳は、「歩く順番」。
彼はいつも私を先に歩かせたり、エレベーターも先に乗せたりする。だから、この日も普段と変わらず、私が先をいってしまう訳だ。そうすると介添さんがその度に「新郎様が…」「今日は新郎様が先に…」「新郎様」「新郎さま」「新郎様」……
なにかとても悪いことをしているようでならなかった。
一発目に「今日は新郎様が先を歩いてください」と言われて、私は後をいくようにしていたんだけど、彼は彼で舞いあ上がってて、いつものスタイルから「今日の特別」にあわせることなんて無理状態。周りの目もあるかもしれないが、誰も見てないところくらい、解放して欲しいし、私はそんなに悪いことをしているのか???と楽しい気分もとび気味。それぞれのスタイルがあっていいと思うんだけど…。

彼は始終緊張していました。「胃が締め付けられる…」と苦笑い。
なんでだろう…。私は全然緊張していなかったようなきがする。

披露宴は、みんな各テーブル笑顔があったのでホッとした。
「シーン…」ってなってたらどうしよう…って思ったけど、大丈夫みたいでした。
友人らによるスピーチや余興がとても少ないので、司会者さんが、「寂しいかも」とおっしゃってましたが、例の「赤ちゃん似顔絵」をテーブル対抗でしたところ、時間が押し迫るほどに。ちょうど良かったかな(笑)

スピーチ、余興を引き受けてくださった皆さん、感謝です!ありがとう!
そうそう、彼は友達3人に当日いきなりスピーチをお願いしたらしい。(私はてっきりちゃんと前もってお願いしてあるのだとばかり思っていたのに…)でも、みんな凄くかっこ良く、面白く、コメントを下さいました。みんな意外にしっかりしていたのでビックリしました(笑)。toguchiちゃんにも私が誉められるという、喜ばしいスピーチをしていただきました!初結婚式(?)で初スピーチ、かなり緊張したと思います。本当にありがとう!ヽ(´ー`)丿

両親への手紙はなくことなく一気に読みあげました(笑)
そんな泣ける内容でもないはずなのに、鼻をすする音が聞こえてきて、思わずもらい泣きしそうでしたが(笑)でもやっぱり、花束贈呈の時は泣いてしまいました(笑)

締めの挨拶は両家を代表して彼から。
普通は新郎父、新郎、(新婦父)、とかだったりするんだけど、まあ、いろいろあってうちらは新郎が代表してあいさつということにしました。
びっくりしました。しっかり喋っているではありませんか!
いや〜かっこよかった(笑)惚れ直しましたよ(笑)年下の男がしっかりした言葉使いでちゃんと喋っているというのは、かなりカッコいい!

あれよあれよというまに時間は過ぎていきました。

終わってみて、こうしておけばよかった、ああしておけばよかった。ってボロボロ出ますが、結婚式ってきっとそんなもんなんだろうな〜。
時間に追われてるし、初めての経験だしね(笑)

せっかくプロのカメラマンをお願いしたんだから、もっと友達とスナップとってもらえばよかったな〜って思う。でも当日はそれもままならないくらい過密スケジュールなんだよね…しかもそれをこなすことに本人たちも必死。
…ちょっと残念。
共有する時間を最優先するんだったら、ホテルや式場での結婚式ではなく、場所を貸し切りして、とことん手作り挙式を目指した方が良さそうです。


とまあ、本当にあれよあれよというまに時間が過ぎていきました。
でも不満も含めて、楽しく過ごせましたヽ(´ー`)丿

まだ、結婚したんだな〜っていう実感はありません…。
これから時間が経つにつれて徐々に実感していくのかな(笑)
幸せになれそうな気がしますヽ(´ー`)丿
[PR]
by machi_p | 2005-07-26 02:09 | とうとう本番!